入れ歯

入れ歯の治療の流れと材料や方法による違い

入れ歯治療の流れ

型をとります ⇒ かみ合せの位置を決めます ⇒

⇒ ⇒ かみ合せのチェックをします

技工所で入れ歯を制作します
  ⇒ 装着して調整します  

入れ歯に使用する素材

プラスチック床イメージ プラスチック床
健康保険が利用できます。強度を保つため、厚く作る必要があります。変形しやすく、 割れてしまうこともあります。

ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャー
見た目も美しく、残された歯にもやさしく、薄くて使用感の良いはりがねのない最適な入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
従来型の保険適用の部分入れ歯には、必ず残された歯にクラスプという、はりがねがかかります。
このはりがねが笑ったときに見えてしまうことが入れ歯を入れる事に躊躇される患者様の大きな原因であったりします。
そこで当院では見た目も美しく、残された歯にもやさしく、薄くて使用感の良いはりがねのない最適な入れ歯を ご提供致します。