最新情報

10月の診療スケジュールのご案内

10月7日(水)休診日とさせて頂きます。

代わって10月6日、20日、27日の火曜日のみ臨時診療日となります。

どうぞ、よろしくお願いします。

定期健診を受けていますか?

こんにちは。横浜市戸塚区 プルメリア歯科クリニック院長の山田です。

だんだんと涼しい日が増え、過ごしやすい気候になってきました。
まだまだマスクが手放せないご時世ですが、外でつけていてもだいぶラクになってきましたね。

さて、みなさんは歯科にはどのような時に行きますか?

「歯が痛い時」
「歯肉が腫れた・出血した」
「つめものやかぶせものが取れてしまった」

など、何か困ったことが起きてから行く場所だと思っていませんか?

日本歯科医師会が公表している全国の15~79歳の男女1万人を対象に行ったインターネット調査【歯科医療に関する生活者調査】の結果によると、歯科治療経験者の63%はかかりつけ歯科医がいると答えながらも、定期的に歯科受診をしている人はわずか31%でした。

「これまでの人生を振り返ってもっと早く健診や治療をうけておけば良かったと思っている」のは75.7%いう結果も出ています。

また、【日本・アメリカ・スウェーデン 3カ国のオーラルケア意識調査】によると、歯の健診目的での直近1年間の受診回数について、次のような結果が出ています。

・直近1年間の受診回数について「1回~2回」という回答
日本30.4%、アメリカ55.4%、スウェーデン65.5%
・「受けていない」という回答
それぞれ57.5%、35.1%、32.4%

アメリカやスウェーデンでは多くの人が痛くなる前、何か不都合が起きる前に歯科に行くことがわかりますが、それに比べ日本ではその「予防」の意識が低いといえます。

もちろん日本でもここ数年で予防に対する意識は向上していると言われています。

まだお口の中が健康な頃から定期健診を受けておくのとそうでないのは、歳を重ねてからの残存歯数や歯肉の健康に大きな差がでます。それはまた、健康寿命や、おいしく食事をとる、会話を楽しむ…という「毎日をどのように過ごすことができるか」ということにも大きく影響するのです。

日々忙しく過ごしていらっしゃるとは思いますが、「未来の自分へのプレゼント」のためにぜひ時間をとって定期健診を受けてくださいね。

夏の自由研究

こんにちは。横浜市戸塚区 プルメリア歯科クリニック院長の山田です。

毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

最近は35℃以上になるのが全国的に当たり前になりました。昔は「朝の涼しいうちに夏休みの宿題を済ませましょう」と言われたものですが、朝から一日中暑い今、子供たちは先生になんと言われているのでしょうか?

終日エアコンのお世話にならざるを得ない時代ですが、汗をかく時間も適度に設けつつ、うまく体調管理をしていきましょう

さて、短い夏休みとなった今年は夏の宿題の定番「自由研究」もなくなった、という話も聞きます。そこで今回は子供たちの代わりに少し自由研究っぽい話題を。

私たちが毎日せっせと手入れをし、大切にしている「歯」。
その歯を縄文時代の人々はどのように扱っていたのでしょうか?ちょっと調べてみました。

縄文時代の人々は、歯並びは良かったものの、色々な作業をする際に歯を道具としても使っていたのでかみ合わせ部分の摩耗が激しかったようです。それならば歯が鍛えられてむし歯なんてなさそうですが、イモや栗などの糖質を含む食事を行っていたこともあり、意外とむし歯発生率は高かったようです

また、人生の節目節目に儀式的な意味合いで健康な歯をわざわざ抜いてしまったり、前歯をフォークのようにギザギザに削ったりしていました(叉状研歯さじょうけんし)。

古代の道具で麻酔もなく抜いたり削ったりするのですから、かなり痛みを伴ったことでしょうね。

ちなみに日本の縄文時代と同じ頃の文明であるバビロン第一王朝(現在のイラク。「目には目を」で知られるハンムラビ法典を発布した)では歯と歯の隙間に入りこんだものを小枝などで取り除いたり、麻の繊維を指に巻いて歯の清掃を行ったりしていました

縄文人よりもずいぶん歯を大切にしていたようですが、それでもやはりむし歯には悩まされていました。
人類にとってむし歯とは、古代~現代、そしてこれからも続く、永遠のテーマなのですね

8月の診療スケジュールのご案内

8月10日(月)休診日となり

代わって8月4日、11日、18日、25日の火曜日
臨時診療日とさせて頂きます。

土日も診療いたします。

どうぞ、よろしくお願いします。

マスクのニオイ

こんにちは。横浜市戸塚区 プルメリア歯科クリニック院長の山田です。

7月も下旬となり、いよいよ夏がやってきました。
暑くてもマスクが必須のご時世、熱中症にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

ところで、マスクをしていて、口臭が気になることはありませんか?

口臭の原因とはいくつかあります。

・口腔内にいる細菌が発するニオイ
・内臓疾患等によるニオイ
・ニンニクなどのニオイの強い食べ物やタバコのニオイ
・緊張やホルモンバランスの乱れによるもの      など…

色々ある原因の中で最も多いものが1つ目の「口腔内の細菌によるもの」です。
歯周病菌が発するガスやむし歯菌によるニオイ。

歯垢や歯石、舌苔…これらは細菌の巣窟です。また、これらを放っておくと歯周病やむし歯の原因にもなります。
これらの「細菌」を取り除くと口臭は軽減します。ぜひ歯科で定期的にケアを受けてください。

また、マスクを付けて呼吸をしているうちに、唾液がマスクに付着し、マスク内の湿度が上がり、雑菌が繁殖しやすくなります。特に気温の高い夏は繁殖しやすいと言えます。

また、鼻呼吸は口呼吸よりもウイルスを体内に取り込みにくいので、できるだけ鼻呼吸をすることを心がけるようにしましょう。マスクをこまめに交換することもいいですね。

7月の診療スケジュールのご案内

7月7日()通常通り休診になり

代わって7月14日21日、28日の火曜日は
臨時診療日とさせて頂きます。

土日祝日も診療いたします。

どうぞ、よろしくお願いします。

どんなケアをしていますか?

こんにちは。横浜市戸塚区 プルメリア歯科クリニック院長の山田です。

新型コロナウイルスによる移動自粛も解除され、街にようやく活気が戻ってきました。

また、朝夕には子供たちの登下校の姿を見かけるようになり、数か月前までは当たり前だったはずの風景にとてもうれしくなります。

当院でもこれからもしっかり消毒や換気等を行いながら、診療にあたっていきたいと思います。

当院の感染予防対策についてはこちらをクリック

 

みなさんは歯ブラシの他に何かデンタルケアグッズを使っていますか?

歯ブラシのみを使用した場合のプラーク(歯垢)の除去率は6割程度です。歯ブラシだけではどうしても歯と歯の間の汚れは落とすことができないのです。

そこにデンタルフロスや歯間ブラシなどを使ってケアをプラスしてあげると、8~9割ほどに除去率が飛躍的に向上します。

むし歯は歯と歯の間にできることが多いもの。一日の最後、就寝前の歯磨きの時だけでも使用することをおすすめします。

デンタルフロスにはワックスありとワックスなしの2種類があります。「なし」の方がプラーク除去に関しては多少優れていますが、歯間に入れる時にギシギシしない分、使い勝手は「あり」の方が上です。

どちらを使うかはお好みですが、どちらを使うにせよ、まずは「毎日使う」ことを目標にしましょう!

デンタルフロスや歯間ブラシには使い方にコツがあります。特に、歯間ブラシは使う方のお口に適したサイズを選ぶことが非常に重要です。ぜひ一度、私たちにご相談くださいね。

プルメリア歯科クリニックに通院される患者さんへのお知らせ!(当院の感染予防対策について)

 「歯科医療は不要不急ではないし、感染リスクも高くない」

1.先日、元国立保健医療科学院の鶴見大学歯学部の花田信弘教授が、NHKのテレビ番組「朝イチ」で、

  • 口腔ケアをすることで新型コロナ肺炎の重症化が予防できる。
  • はじめはウイルス性肺炎との戦いだが、ウイルスに対する免疫力が暴発し、肺の細胞がダメージを受けて細菌性肺炎を起こしやすくなる。
  • むし歯・歯周病菌など口腔内の常在菌によって細菌性肺炎を続発し、免疫システムを圧倒して重症化する。
  • やがて細菌が血液に入り体を蹂躙して死の可能性が高くなる

と話されていました。

つまり、歯科医師の行う処置は、治療の一環であり、決して不要不急ではないのです。

2.歯科医院の患者への感染リスクは高くない

歯科医院での感染リスクが高いといわれていますが、5月10日時点で、歯科医院でコロナウイルス感染症に感染したとされる患者は1人もでていません。

そして、プルメリア歯科クリニックでは、コロナウイルスの感染拡大の以前からの、院内感染予防対策をさらに強化しております。

① 患者様ごとの器具の交換、滅菌(オートクレーブ滅菌、グルタラール製剤で滅菌)を行い、ディスポーザブル(グローブ、紙コップ、使い捨てエプロン)の器具を使用し、患者毎に交換し、問診の際にも歯科医師はマスクを着用して、患者への感染リスクを低下させてきたからです。
② また、コロナウイルス感染拡大時に合わせ、来院時には非接触型検温器で体温チェックも行い(当然院長も)、常備してあるアルコールスプレ-にて手指消毒のお願いを帰る時にも、飛沫防止のビニールガードの設置(受付)、常にフェイスガードも装着し、対話、診療をしております。
③ 当院ではドアノブ(入り口とトイレ)、便座、トイレのスイッチ、洗面台と蛇口、スリッパ、診療台周り、患者様の触れる細部にまで気を配り感染防止を徹底しています。

しかも、歯科医院の多くは予約制です。

待合室は混雑しないし10分も待つことは少ないでしょう。

さらに、多くの歯科医院では、窓を開けたりし換気を常にしています。当院も同様です。

密閉された待合室で、大勢の患者が密集したり、密着して座ったりする環境ではないのです。

多くの人が買い物に訪れるコンビニやスーパーマーケットと、 歯科医療を受ける患者さんだけが来院する歯科医院との感染リスクには、大きな違いがあるのです。

3.まとめ
歯科医療は不要不急ではなく、感染リスクも高くありません。

患者さんは安心して当院に通院していただきたいと思います。

また、当院に通院される患者様に、ご案内がございます。

「新型コロナウイルス感染症の重症化予防のために、毎日の歯みがきと、歯科医院での口腔ケアを続けてください」

プルメリア歯科クリニック 院長 山田 弘

6月の診療スケジュールのご案内

6月7日()は院長学術セミナー参加の為、
午前の部は休診になり、午後の部からの診療となります。

代わって6月9日()の午後の部6月2日、16日、23日、30日の火曜日は
臨時診療日とさせて頂きます。

どうぞ、よろしくお願いします。